1. HOME
  2. 団体情報
  3. SDGsへの取り組み

団体情報

organization

だれひとり取り残さない社会のために

ダイアログは各事業を通して「誰一人取り残さない」社会を目指し、活動をしてきました。今後、さまざまなステークホルダーとともに、下記目標を掲げながら持続可能な社会づくりによりいっそう貢献します。

SDGsロゴ

  1. innovative 新しい価値を創る
  2. communicative 関係性を構築する
  3. diversity&inclusion 多様性を理解し、活かす

ダイアログが提供するSDGs時代のエンターテイメント

:エンターテイメントを通し、個の成長において以下の目標に貢献します

対話する力

・ダイアログの体験によって、人や社会への信頼感が生まれること、対人関係が向上することが明らかになっています
・人と関わることの楽しさを体感できます

SDGs 2

五感で感じる力

・“純度100%”の真っ暗闇という非日常空間での体験が、普段とは異なる感覚を目覚めさせ、思考のスイッチを転換させます
・日常とは異なった感覚を研ぎ澄まし世界を感じることで、新たな視点で 感覚の可能性やひろがり、私たちを取り巻く環境を捉えなおすことができます

SDGs 2

ダイバーシティやハンディキャップへの理解力

・暗闇を案内するのが視覚障害者であることで、立場の逆転が生じ、多様性の中で生活することの可能性を体感できます
・ダイバーシティやハンディキャップをプラスに転換する思考法、コミュニケーションのヒントを得ることができます

SDGs 2


ダイアログが提供するSDGs時代の企業研修

:企業向け研修や商品開発、コンサルティングは、組織の成長において以下の目標に貢献します

コミュニケーション力
関係性を構築する力

・チーム目標を達成するために、全員で考えることや互いに助け合うことの重要性、またその方法を体感できます
・ダイアログの体験によって、人や社会への信頼感が生まれること、対人関係が向上することが明らかになっています

固定観念から抜け出し、イノベーションする力

・“純度100%”の真っ暗闇という非日常空間での体験が、普段とは異なる感覚を目覚めさせ、思考のスイッチを転換させます
・暗闇の中では、年齢や容姿、障害や国籍などは意味を失います。普段とは異なる立場に身を置くことで、新たな側面から物事を見ることができます

ダイバーシティやハンディキャップへの理解力

・暗闇を案内するのが視覚障害者であることで、日常の立場との逆転が生じ、ネガティブな差別化には意味がないことを体感できます
・障害者をはじめ、さまざまな人の特性や特徴を理解し、マネジメントするためのポイントを体感できます
・ダイバーシティやハンディキャップをプラスに転換する思考法、コミュニケーションのヒントを得ることができます