ご支援のお願い

ダイアログ・ミュージアム「対話の森」の存続維持と、障害者の雇用・育成のため、ご支援をお願いいたします。寄付の方法は、以下記載の4つです。

① マンスリーサポーターになる

「森の住民」(マンスリーサポーター)とは?

「対話の森」では視覚・聴覚障害者の雇用・活躍の場を創出し、彼らとの体験を通して、出会い対話することでゆたかな社会を育むことを目指しています。同時に、森に集う皆さんとともに学びを深めながら全世界に「対話」のすばらしさを広げていきたいと思っています。
そこで、アテンドや理事、アンバサダー、そして皆さんと語りあい、オンラインでもつながる「対話の森の住民」 を募集する運びとなりました。
皆さんは、住民でありサポーターです。
「対話の森」で学びあいながら、皆さまからいただいた資金は「対話の森」リアルとオンラインでの活動運営のため、視覚・聴覚障害者の育成・雇用のため、そして子どもたちの体験費に使わせていただきます。
なお今後、以下のようなイベントを予定しています。

■FACEBOOK「対話の森の住民」限定ページにて、アテンドからのメッセージや、イベントのご案内
■アンバサダーや理事の方々との月1回(予定)の対話の会
■サイレンス・ダークのアテンド研修の見学
■ダイアログ・ウィズ・タイムの高齢者アテンドによるお悩み相談 など…

あらゆる障害や文化、年齢の違いを超えて集うことで、これまで知らなかったことを発見し、学び合い続けられる場を作っていきたいと思います。「対話」を通じてみんなで楽しみながら育ちあう場を、ご一緒できたらと願っています。

「森の住民」(マンスリーサポーター)になるには

月1,000円よりご参加いただけます。金額により、以下プレゼントをご用意しております。

▶︎マンスリーサポーターこちらから


② ふるさと納税で支援する

ふるさと納税は、住民税控除対象です。一定額までは、控除の範囲内(実質ほぼ無料)でダイアログ・プロジェクトへご支援頂ける仕組みです(佐賀県のふるさと納税は、寄附額の90%がNPOへ交付されます)。

※無償での寄附可能範囲(年収ごとのおおよその目安)年収300万円…2万円 500万円…5万円 700万円…10万円 1000万円…17万円 1500万円…38万円 2000万円…55万円 より詳細な価格はこちらhttps://www.furusato-tax.jp/about/simulation

▶︎ふるさと納税はこちらから


③ ワンスポット(単発での)ご支援

一回3000円からご支援いただけます。

▶︎ワンスポット支援はこちらから


④ ゆうちょのご利用も可能です

1)総合口座への払込み


電信振込請求書・電信振替請求書にご記入の上、窓口でお申し込みください

【口座記号番号】10100
【口座名義】シヤ)ダイアローグ  ジヤパン  ソサエテイ
*手数料はお客さまのご負担となります(金額に応ずる)。

2a)振替口座への払込み(赤色用紙使用)


弊社指定の払込取扱票【通常払込料金加入者負担】にご記入の上、窓口でお申し込みください。*現在準備中

【口座記号】00120−0
【口座番号】663705
【加入者】シヤ)ダイアローグ  ジヤパン  ソサエテイ
*手数料は弊社負担。

2b)振替口座への払込み(青色用紙使用)

備え付けの【払込取扱票】にご記入の上、窓口でお申し込みください。

【口座記号】00120−0
【口座番号】663705
【加入者】シヤ)ダイアローグ  ジヤパン  ソサエテイ
*手数料はお客さまのご負担となります(金額に応ずる)。

3)ATMでの払込み


お手持ちのゆうちょ口座、または他の金融機関口座より、ATMにてお支払いください。

【金融機関コード】9900
【支店名】〇一八店(ゼロイチハチ) 
【支店コード】018
【種類】普通預金
【口座番号】2905365
【口座名義】シヤ)ダイアローグ  ジヤパン  ソサエテイ
*手数料はお客様のご負担となります。

佐賀県を拠点としたNPOダイアローグ・ジャパン・ソサエティは、ダイアログ・プロジェクトの中でも、非営利活動となる、こどもの体験や地域での体験、そして障害者の方の就労支援や能力開発を担うNPOです。一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティがノウハウや各種資源を提供し、協働して日本のダイアログ・プロジェクトを推進しています。
https://didsaga.dialogue.or.jp/